取引条件

販売業者:Creads  所在地:112 rue Réaumur - 75002 Paris 資本金37,500euro 企業登録番号:504 019 662 運営サイト:« www.creads.jp ».

第 1 条 – 規定

これから記載する特定の単語及び文章はそれぞれ、以下記載の意味を表す事とします。

『作品募集』とは、1つもしくはそれ以上の依頼に対しての弊社のコンサルティン業務及びクライアントへの作品提供を意味します。 :

『一般プロジェクト』とは、弊社監督のもと、全てのクリエイター及びCreadsのWebサイトを訪れる人全てに公開をされているプロジェクト。

『エリートプロジェクト』 とは、弊社監督のもと、特定の優秀なクリエイター数名のみに対して公開されるプロジェクト。

Projet Express : processus créatif engagé à l’initiative et sous la responsabilité de la Société et de ses équipes internes et ouvert à l’un des Créatifs de la Communauté préalablement sélectionné par la Société.

『クライアント』とは、弊社サービスに業務委託もしくはこれから業務委託をしようとする個人又は法人をさします。

『問い合わせ』とは、クライアントが弊社に対して質問や連絡を行い際に、その内容を伝える一連の行為を意味します。

『コミュニティ』とは、全てのクリエイターを意味します。

『クリエイター』とは、Creadsサイトに登録し、創造作品の制作能力と意欲を有する人物及び作品募集に提案をする者のことを指します。

『作品』とは依頼者の依頼に基づいた作品募集に対してクリエイターが作成及び提案した創作物を意味します。

『見積り』とは依頼者が注文したサービスと値段を意味します。

『S』とは弊社フランス語、英語、スペイン語サイトの単語語尾に付けられる複数形の事で、対象の単語が複数形であることを意味します。但し、日本語サイトではこの表現はされません。

« Projet Interne » : désigne l’ensemble des prestations de conseil et de création fournies aux Clients par la Société indépendamment d’un Appel à la Création.

『サービス』とは、作品募集及び作品が出来上がるまでのコンサルティング及びその完成品である作品の提供することを意味します。

『本サイト』とは、ウェブサイト「www.creads.jp」を意味します。

第 2 条 – 目的

クライアントと弊社とは販売等の取引を行うに当たり契約を行うために規約に同意を行い取引が行われるものとします。取引を行う以上、この契約は確実に行われる必要があり、取引が開始した場合には、既にこの契約(販売条件や利用条件等)に同意されたものとみなされます。また、特別な条件がない限り、この契約が最大の効力を発揮するものとします。

Dans la mesure où les Services de la Société sont destinés à répondre aux besoins des Clients pour l’exercice de leur activité professionnelle, les articles du code de la consommation protégeant les simples consommateurs sont expressément exclus par les Parties de leurs relations.

第 3 条 – サービス範囲

クライアントの依頼に対応する順序は見積書に記載されております。記載されていないサービスに置いては、含まれることは御座いません。

CGV.パラグラフ.21

提供する全てのサービスより、創造される作品は選定後、修正を依頼(※場合により有料)する権利及びその過程における作品の進捗を確認する権利を有しております。

弊社の提供するサービスは、コンペプロジェクトの他、クライアントから要求されたサービスの種類に応じて、コンペやクリエイターへの直接等、様々なサービスを提供することが可能となり作品募集を行うことが出来ます。クライアントに合わせたサービスを提供することが可能です。

3条1項 – 作品募集

ご依頼を頂けるサービスはデザインやネーミング、映像まで様々なサービスを取り揃え作品募集を行っております。ご依頼を頂く場合にはインターネットを介して、弊社の開発したプラットフォームを使用の上でご利用頂けます。

ネーミング (製品名, サービス名, 会社名)

キャッチフレーズ

ロゴ

グラフィック

Webサイト

ニュースレター

ビジュアル・アイデンティティ (バナー, キャラクター, プリント, …) ;

その他、プロモーション、広告

以下に記載する作品及び作品募集に関する内容は特別な取組めをクライアントと行わない限り弊社に責任を負う義務はないものとします。 :

創造作品の具体的な提案数を保証する義務は御座いません

依頼引受の20日間以内に作品の提案を必ず行わなければならないという義務は御座いません。

提案や、創造作品の内容について、一切の義務結果を負うものではありません。

クライアントは作品募集の期間が終了し創造作品の選定を行うに当り、投票期間終了後40日間の選定期間を与えられるものとします。

作品募集後、クライアントの選定期間である40日間以内に創造作品の選定がされない場合、弊社規定によりクライアントの選定権が剥奪され、優秀作品提案者それぞれに報酬金の分配が行われます。報酬金の分配後はいかなる場合であっても作品の選定は出来ません。

クライアントが次の人物の参加に同意をしない限り作品募集のプロジェクトへの参加はできないものとします。弊社社員、クライアント関係者、クライアント代理人等、クライアントと直接関係を持つことができる人物。尚、クライアントに関連する人物は同時に弊社の同意も請ける必要があります。

次に記載のサービスにおける創造作品は、可能な限り最終的にクライアントに著作権が移るようになっております。公開プロジェクト、エリートプロジェクト、急募プロジェクト。

通常サービス以外の追加サービス(印刷、素材購入、先行技術調査、行政手続き、HTML、ホスティング、ドメイン代理購入…etc)については別途金額を請求できるものとします。

クライアントが次の人物の参加に同意をしない限り作品募集のプロジェクトへの参加はできないものとします。弊社社員、クライアント関係者、クライアント代理人等、クライアントと直接関係を持つことができる人物。尚、クライアントに関連する人物は同時に弊社の同意も請ける必要があります。

クライアントが次の人物の参加に同意をしない限り作品募集のプロジェクトへの参加はできないものとします。弊社社員、クライアント関係者、クライアント代理人等、クライアントと直接関係を持つことができる人物。尚、クライアントに関連する人物は同時に弊社の同意も請ける必要があります。

a) 一般プロジェクト

一般プロジェクトを依頼するクライアントは弊社のコミュニティに依頼を行うための「依頼内容」をご記入頂きます。ニーズ及び詳細を詳しく且つ明瞭にご記入下さい。

弊社はクライアントが作成した「依頼内容」に対し、クライアントが作品の提案を受けられるように所定の作業を行う事を約束します。

クライアントは場合により創造作品に修正を依頼する権利を有しています。ただし、変更が可能な範囲は実質的なデザインの変化を除外し、微調整やフォント、色の変更に制限されます 。 (但し、弊社との協議の結果追加の報酬をお支払い頂くことであらゆる修正も可とします。)

創造作品の最終選定は、クライアントの独自の判断に委ねられます。創造作品が選定されたクリエイターは当初から定められた報酬を受け取ることが可能になります。

一般プロジェクトにおける作品の納品につきましては、必要作業が全て終了した後行われます。

b) エリートプロジェクト

エリートプロジェクトトを依頼するクライアントは弊社のコミュニティに依頼を行うための「依頼内容」をご記入頂きます。ニーズ及び詳細を詳しく且つ明瞭にご記入下さい。尚、エリートプロジェクトに限りクライアントは参加できるクリエイターの数(2人~20人)を弊社に要求することが出来ます。

弊社はクライアントが作成した「依頼内容」に対し、クライアントが作品の提案を受けられるように所定の作業を行う事を約束します。

クライアントは場合により創造作品に修正を依頼する権利を有しています。ただし、変更が可能な範囲は実質的なデザインの変化を除外し、微調整やフォント、色の変更に制限されます 。 (但し、弊社との協議の結果追加の報酬をお支払い頂くことであらゆる修正も可とします。)

創造作品の最終選定は、クライアントの独自の判断に委ねられますが、事情により選定が回避された場合は弊社の判断により優秀者が選定されます。創造作品が選定されたクリエイターは当初から定められた報酬を受け取ることが可能になります。

エリートプロジェクトにおける作品の納品につきましては、必要作業が全て終了した後行われます。

c) 急募プロジェクト

急募プロジェクトを依頼するクライアントは弊社のコミュニティに依頼を行うための「依頼内容」をご記入頂きます。ニーズ及び詳細を詳しく且つ明瞭にご記入下さい。

弊社はクライアントが作品の提案を請けるための『依頼内容』の記入事項に対して、アドバイスは行ったとしても、強要を行うことなく、クライアントの意思に基づき作成をして頂くことをお約束致します。

クライアントは場合により創造作品にご自身の意志で修正を依頼する権利を有しています。ただし、変更が可能な範囲は実質的なデザインの変化を除外し、微調整やフォント、色の変更に制限されます 。 (但し、弊社との協議の結果追加の報酬をお支払い頂くことであらゆる修正も可とします。)

創造作品選択の最終決定は、クライアント独自の判断にな委ねられます。

急募プロジェクトにおける作品の納品につきましては、必要作業が全て終了した後行われます。

d) 作品募集のプラットフォーム

弊社に作品募集のプロジェクトを依頼するには、弊社が開発したプラットフォームを介することとなります。このプラットフォームはインターネットを介して利用することが出来ます。尚、このサービスを利用するにあたっては、利用規約への同意が求められます。

3条2項 – Projet Interne

弊社ではサービスを提供するに当たり必要となるであろう以下のサービス提供を主に行っています。

ネーミング (製品名, サービス名, 会社名) ;

スローガン ;

ロゴ ;

グラフィック ;

ホームページデザイン ;

ニュースレター ;

ポスター, カタログ, フライヤー, パッケージ ;

全てのビジュアル・アイデンティティ(バナー、キャラクター、販促アイテム…)

あるいは制度内にある他タイプの、プロモーションや広告。

クライアントは、ニーズをクリエイター及び弊社に伝えるために誠意を持って正確な情報を提供する事とします。

特にクライアントからの要望(非公開オプション等)がないプロジェクトは全て公開プロジェクトとなり、弊社が提供する段取りに従ってプロジェクトを進めて頂く事となります。

- 参加者数及び提案数の数値的な義務は追わないものとします ;

依頼引受の20日間以内に作品の提案を必ず行わなければならないという義務は御座いません。

- 提案や創造の作品結果について、弊社は責任を負う義務は一切有しておりません。

公開プロジェクトとされすサービスは次に記載する内容によって行われます。見積り及び依頼を行われる際には希望サービスの漏れがないようにサービス内容をよく確認した上でご依頼下さい。尚、アドバイスや創造作品の著作権譲渡といったサービスは全サービス共通となっております。また、様々な追加サービス(海外クリエイターの提案、HTML、必要素材購入、ドメイン取得、商標登録調査…)をご用意しておりますので、ご確認頂いた上で、必要なサービスを追加して頂きましてご依頼下さい。

Dans l’hypothèse où un Projet Interne porterait sur la fourniture de Services relatifs à la création d’un site Internet, d’une application mobile ou d’une autre Création "technique", sauf stipulation contraire figurant expressément dans le Devis correspondant (ou tout autre accord spécifique), il est convenu que :

- クライアントと弊社が協議して作成スケジュールや予算を設定等、プロジェクトを進行させるために必要な項目を決定していきます。

クライアントは弊社サービスを依頼を頂くに当たり、その依頼物の作成に有益となる素材、情報、材料等があればそれらをお伝え頂く義務があります。

- à l’issue de la phase de développement, le Client procèdera de bonne foi à des tests lui permettant de faire toutes remarques pertinentes sur lesdits développements, sans que ces remarques puissent avoir pour effet d’étendre le périmètre de développement (à coût constant prévu dans le Devis), étant précisé qu’une modification à la baisse du périmètre ne pourra emporter, sauf accord contraire, de révision à la baisse du Devis ;

- 開発を行う際に外部への委託が必要と認められた場合、弊社は外部への委託権利を有するものとします。 ;

- 暫定で提出されたは仕様書に記載されている内容に左右されますが、通常開発は納入後10日以内での再開発依頼を行うべきであるとします。

- 納品から1ヶ月以内であれば残っている無料修正可能回数を改めて消費することが可能とします。但し、1ヶ月を過ぎれば、この権利は完全に消失します。 - 尚、特定の不具合、不備が見つかった場合はこの限りではなく、弊社及びクリエイターが内容検証を行い、判断を下す事となります ;

- 開発、運営、メンテナンス及びサポートについては別途料金が請求されることとなります。 ;

クライアント及び弊社が安全で快適なアクセスを行えるホスティング先を選択するものとします。

3条3項 – 要望/対応

クライアントより、記載されているサービス以外の依頼、要望があったとしても、弊社は出来る限りその要望に応えられる準備を行っている必要があります。また、その要望に対して出来る限りの対応を行う義務があります。

第 4 条 – 独自サービス:ネーミング作成、キャッチフレーズ作成、ロゴ作成

4条1項 – 自由権の不保証

弊社のサービスとは依頼請けることから始まり、その後依頼の内容によりロゴ、ネーミング、ポスターといった作品をクライアントにご提供することにあり、その後の作品使用による作品の可能性までを保証するものではありません。但し、クライアントは納品をされた作品を自由に使用することができ、商標登録を行う事についても許可されています。

L’examen de la disponibilité de ces Créations au sens du droit des marques et du droit commercial suppose en effet des recherches d’antériorités par classes administratives (pour les marques) ou par groupement d’activités similaires (pour les autres signes distinctifs des entreprises) qui, par principe, ne sont pas incluses dans les prestations de base de la Société.

La Société se borne uniquement, pour ces Créations, à effectuer une recherche à l’identique pour le territoire français auprès des seuls registres de marques de l’Institut National de la Propriété Industrielle, dans la classe qui semble correspondre le mieux à l’activité du Client. Le fait que cette recherche limitée ne révèle pas d’antériorités à l’identique ne signifie aucunement que ce signe est "disponible" en France (et a fortiori à l’étranger) pour constituer valablement une marque (ou un autre signe distinctif), dans la mesure notamment où :

- 記号やデザインは商標法により保護されている場合があり、その場合模倣と思われる物には特定の処置を取ることが出来ます。 ;

- ブランドは前出の権利により様々な影響をあたえることが出来ます ;

- よく知られている商標または有名なブランドは、特別に保護されています。

4条2項 – 作品作成における特別サービス

クライアントが希望する場合、弊社希望に沿った技術を要する委託先企業を1つ以上紹介をする外部のサービス·プロバイダーを請求する場合があり、周囲には、まず相互の合意によって決定されなければならない。

クライアントが希望する場合、及び利用が可能であることがわかっている場合に限り、該当するドメイン名の取得を行う為に必要な費用を請求致します。尚、取得に際して必要となるであろう予約や料金の責任はクライアントが追うものとします。

第 5 条 – 注文締結

注文書や見積書、その他弊社の発行した書類、個人情報等を弊社の事前許可なしに、第三者に開示、譲渡することはできません。

5条1項 - オンライン見積り

注文及び見積りを希望するクライアントはオンライン見積りより価格及び注文をすることが出来ます。

i) オンラインの見積もりフォームに記入 ;

ii) オンラインフォームより見積り依頼 ;

iii) 見積り額が確定後、検討及び検証を行う。この検証とは、弊社の規約に同意できるかどうかの検証を指します。

iv) 対象となる依頼の支払いを行う。

尚、弊社よりクライアントに送信されたメール及びデータは取引の証拠の意味を成します。

5条2項 – その他の依頼

クライアントと弊社はオンライン上、もしくはメール上で交わした交渉内容を持って取引の合意及び完了を行うことができるものとします。

お見積りをご確認頂き、価格に同意を頂いたことで、販売条件に同意頂いたものとみなされます。

クライアントと弊社間で送受信された内容及びデータは、注文を行うに当たっての、取引の証拠として認められます。

第 6 条 – 依頼の変更

見積り金額を確認し支払った後、弊社の書面上での同意を無くして、見積書の内容変更はできません。また、弊社の同意なく変更された見積書を弊社が受け入れる義務は御座いません。

クライアントが追加のサービスを依頼したい場合には、同じくオンライン上から依頼をすることで注文内容にリアルタイムに反映され請求が届きます。尚、表記されている以外の追加サービスを希望の場合には問い合わせをして確認する必要があります。

第 7 条 – 注文のキャンセルもしくは撤回

見積り金額を支払後、弊社の書面上の同意を無くして、見積書の内容を変更はできません。また、弊社の同意なく取り消しまたは撤回をすることは出来ません。また、弊社の同意の無い取り消しまたは撤回の行為を受け入れる義務は弊社には御座いません。

注文のキャンセルもしくは撤回をクライアントが行った場合でも、その注文が既にクリエイターへと依頼された時点でクリエイターへの報酬は確定しております。報酬金の返却がされることは御座いません。

クライアントが弊社に仕事を依頼し、その仕事の料金がクライアントより支払われた後、一方的なキャンセルが行われた場合、支払料金から10%のキャンセル料を請求することが出来ます。また、クライアントはこれを拒否する権利を有していないものとします。

第 8 条 – 金融情勢

サービスは、前記述の通り仕事を受理した時点の金融情勢によって提供されます。

表示価格は円表示となっており、税込価格となっています。仮に税率の引き上げや引き下げがあった場合には、それに従い、価格が変更となることが御座います。

クライアントはコンペの提案数の最下限数を決めたい場合、弊社によって決定された追加料金を支払うことにより、最下限数を決めてコンペを開催することができるようになります。

弊社は、弊社サービスの価格改定をいつでも行える権利を有しています。但し、次の事項の場合は除きます。 (i) 価格改定作業が日をまたいでしまった場合。既に表示されていた価格が適応されます。 (ii) 既に作成された見積書に旧価格が明記されている場合。この場合は9.1に明記されている内容に従い処理されます。

第 9 条 – 支払

9条1項 - 支払期日

クリエイターが仕事を請け負ったもしくは報酬を受けられる状況を得た場合には報酬料金が発生し、その報酬料金は手数料を除きクリエイターに全額支払われるものとします。尚、この報酬料金の受け渡しはオンラインの電子取引を経て両者の同意が出た段階で支払われるものとします。

しかしながら、弊社によって作成され顧客に提出された見積書は有効期限を設けることが出来ます。この期間は資料が通常提出されてから30日以内が有効期限となり、それ意向は無効となることとします。

9項2項 - 支払条件

支払いは小切手、銀行振込またはクレジットカードで行うことができます。

クレジットカードでのお支払いは、送信された情報がソフトウェアで暗号化され、第三者がネットワーク上から情報を読み取ることできないように、SSL(Secure Socket Layer)を使用し万全なセキュリティー対策をとった上でADYENを通じて支払われるように対策されています。

9条3項 – 支払遅延

支払遅滞の際はヨーロッパ中央銀行の融資付帯の利息が10パーセントでつく可能性がございます。

徴収が発生した場合には一時金として40€(当日レート)をお支払い頂くことになります。尚、一時金以外の徴収に関しましては一括もしくは複数回のどちらかを決定させた上でお支払い頂きます。

9条4項 – 規約違反

依頼後3ヶ月を超えて支払いが滞るとペナルティ条項として、支払金額の15%にあたる一時金の即時支払いが課せられます。

9条5項 – 先取特権

L’ensemble des supports immatériels et des supports physiques des Créations concernés par une Commande pourront faire l’objet d’une rétention de la part de la Société en cas de non-paiement total ou partiel de l’ensemble des factures émises par la Société au titre d’une quelconque Commande.

9条6項 – その他遅延結果もしくは債務不履行

支払期日を過ぎ、請求書全額もしくは一部の支払が滞っている場合、再度支払の催促を行った上でその後も支払の意志が確認できない場合には、該当する金額分の回収を行う権利を有しています。

La transmission des droits de propriété intellectuelle et autres droits d’exploitation sur les Créations au Client est faite sous la condition expresse du paiement intégral des factures objets des Services correspondants. A défaut de paiement à l'échéance convenue, ladite cession ne pourra avoir lieu ou, si elle est le cas échéant déjà intervenue, deviendra purement et simplement caduque.

第 10 条 - 知的財産

10条1項 – 本サイト上の知的財産権

Creadsのサイト上にあるすべての情報及びイメージは有形、無形を問わず全て弊社の固有財産です。

10条2項 - 作品の知的財産権

Sans préjudice du bénéfice à son profit des règles propres aux œuvres collectives, la Société est titulaire des droits de propriété intellectuelle sur les Créations du fait de la cession de ces droits opérée à son profit par les Créatifs.

弊社はクリエイターがクライアントに対して作成及び納品した成果物に関する著作権等知的財産権の譲渡を行っています。(既に他社によって知的財産権が保持されていない場合に限る。)【CREADS著作権譲渡書】

第 11 条 – 作品未選択の場合

Le Client déclare et reconnaît qu’il a l’interdiction absolue d’utiliser ou d’exploiter, sous quelque forme que ce soit, une proposition créative qu’il n’aurait pas expressément retenue dans le cadre de la prestation de Services de la Société, que cette proposition créative soit ou non protégée par des droits de propriété intellectuelle. Le Client s’abstiendra notamment d’exploiter de quelque manière que ce soit (y compris par le biais d’un enregistrement à titre de marque) un nom ou un slogan qui lui aurait été présenté dans le cadre d’un Appel à la Création ou d’un Projet Interne et qu’il n’aurait pas expressément retenu et dûment rémunéré. Le Client s’engage à ce titre à détruire tous les supports immatériels ou physiques relatifs à des propositions créatives non retenues.

クライアントが弊社のコンペサービスを活用した際に提案されたクリエイターからの創造作品の選定品以外の創造作品及びその創造作品から得た創造を弊社及びクリエイターの断りなく使用する事は許可されていません。断りなく使用されていることが発覚した場合には弊社は一切の責任を負いません。もし使用したい場合には、購入希望であることを弊社に伝え購入し、クライアントが対象創造作品の著作権を手に入れた後、自由に使用することが許されます。

クリエイターより提案された作品の中でクライアントが選択した作品を除いたその他提案作品(ロゴ、ネーミング、ポスターデザイン…等)の著作権は、クリエイターに帰属する為、クライアント以外の第三者に提案及び提供する権利を有しています。

第 12 条 - 実績

弊社は、クライアントからの許可を得ることで本サイト上にクライアント名(同社と認識できるロゴ等を含む)と作品(ロゴ、名刺、ポスター…etc)を掲する権利を有しています。掲載可能期間は該当作品の納品から10年間までとします。また、その作品が商標出願及び商標登録をされている場合であっても弊社はクライアント名及び作品を掲載する権利を有しています。

弊社はクライアント名や作品を掲載するに当たり、誠意と尊敬の念を持って掲載することを約束致します。

第 13 条 - 個人情報

利用者より提供されたデータは、弊社のデーターベース及び個人アカウントへのアクセスに利用することが出来ます。また、提供されたデータは弊社の管理下に置かれサイト運営の為有効的に利用されます。

1978年1月6日改正のデータ保護法78から17の規定に基づき、弊社が個人データの処理を行う事を以下登録情報を持って規定の範囲内で処理することができるものとします。(CNIL)2008年10月13日1322327号

本サイトが個人情報を必要とするのはクライアントの 識別、管理、請求及び支払の管理を行うためであり、個人情報の提供は必須であることとします。

本人確認書類を提出した人物は、その本人確認書類に更新や変更があった場合には速やかに新たな本人確認書類に差し替える必要があります。これは不正防止やトラブル防止の観点から必然であることとします。

これらの権利は次の連絡先に送付することで行使できます。contact@creads.org もしくは所定住所宛の手紙。

弊社は、データベースに含まれるデータの売却、転送を行うには、クライアントの承諾を得るもしくは適正な金銭の支払がクライアントより行われなかった場合を除いて、この行為を行使することは出来ません。

第 14 条 - 公記録保管

弊社は民法1348に従い、見積りの通り真の請求書を提出致します。

当事者間の通信、注文、支払いおよび取引の証拠として弊社が記録している当事者間の記録が用いられます。

第 15 条 – 問い合わせ

問い合わせや質問、苦情は次記載のアドレスに電子メールでお送り頂くか、次記載の電話番号までお問い合わせ下さい。" info@creads.jp " " 050-5806-3031 " 尚、直接お越しになられたい場合には次の住所までお越し下さい。Creads, 112 rue Réaumur, 75002 Paris FRANCE.

第 16 条 – 利用規約の改訂

弊社は、いつでも利用規約を変更する権利を有します。利用規約が変更になった場合、効力はクライアントがその時に確認した利用規約に準じます。

第 17 条 – 免責事項

以下に記述する内容について直接損害か間接損害かを問わず、弊社は一切責任を負いません:

インターネットを介しての利用で起こりうる可能性のあるデータの損失や破損、本サイト内で生じた不利益・損害、これらの内容に対しては直接損害か間接損害かを問わず、弊社は一切責任を負いません。

クライアントの原因により遅延が生じた場合。(例:時間決定遅延、時間検証遅延、変更要求、等...)

- クライアントのソフトウェア、ハードウェアをコンピュータウィルスに侵された場合。但し、弊社はこれらを事前に対処を行い、保護するために必要な処置を取ることとします。 ;

- 本サイト上での対話(あらゆるフォーマットでのディスカッション、ミニブログ、作品コメント欄等)における品位にかける行為があった場合(但し、弊社はこれらの行為に対して削除、アカウント停止という措置をとることが可能とします。) ;

- 作品募集に対しクリエイターが故意であってもそうでなくとも、第三者が著作権を有する作品を自らの意志で使用作成を行った作品があった場合;

- ソーシャルネットワークを利用した投票システムで起こりうる可能性のある数値の誤作動 ;

- クライアントからの正式な依頼に基づき作品の編集を行った場合。

LA SOCIETE DECLINE EN TOUT ETAT DE CAUSE TOUTE RESPONSABILITE POUR TOUT DOMMAGE EXCEDANT, SOIT LE MONTANT TOTAL PAYE PAR LE CLIENT AU COURS DES DOUZE DERNIERS MOIS AVANT LA SURVENANCE DE L’INCIDENT AYANT DONNE NAISSANCE A LA RESPONSABILITE, SOIT LA SOMME TOTALE EFFECTIVEMENT PAYEE PAR LE CLIENT POUR LES SERVICES FOURNIS PAR LA SOCIETE DANS LE CADRE DE LA COMMANDE OBJET DE L’INCIDENT, L’ASSIETTE DE LA RESPONSABILITE ETANT LIMITEE A LA SOMME LA PLUS FAIBLE DES DEUX. LA PRESENTE CLAUSE EST ESSENTIELLE ET DETERMINANTE POUR LA SOCIETE.

第 18 条 – 準拠法および紛争解決

18条1項 – 準拠法

販売諸条件及び規約ははフランス法に基づき解釈されるものとします。

18条2項 – 紛争解決

紛争の際、意見の相違が見られる場合であっても、まずは友好的な解決策を模索する事を約束します。

但し、友好的な解決策を模索したとしても、それが解決に至らず訴訟等の必要が生じた場合には、パリ裁判所を当事者及び、紛争に関係する関係者の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

loading